投稿

おすすめメモ

フェンベンダゾールと癌の治療。調査メモ

治療方法の概要は以下に移動しました。 https://panacurc.blogspot.com/2019/05/blog-post_48.html


日本では知られてから1ヶ月程度の治療の情報ですがアメリカでは既に多くの患者さんが自己責任で行なっている治療法です。2019年6月現在、日本でも私が個人的にやりとりしている人を含めて少なくとも20−30人以上が治療しています。
既にスタンダードな治療方法があります。

最初、日本国内には全く情報がなく英語の情報をたどり現在にいたります。
ここのメモが情報源になっているものが数多くありますが、残念ながら伝言ゲームの途中で話が変わっていく傾向があるようです。

なので基本的には上のリンク先の治療法に沿って実行することをおすすめします。

フェンベンダゾールを使った癌治療について薬品会社のMerckの動物部門の研究者が実験のためネズミに癌を発症させようとしてました。しかし、あるグループのネズミにはなぜか癌が発症しませんでした。調べると、寄生虫を駆除するために寄生虫薬を投与したグループでしたその後研究の結果、ベンズイミダゾール系駆虫薬に抗がん作用があることがあることがわかりました。その研究者がステージ4の脳腫瘍に冒されていることがわかりました。彼女は自分でその犬用の駆虫薬を飲みました。すると短期間で癌がきえました。それを知った獣医さんがジョー・ティッペンスさんにフェンベンダゾールを使った治療を指導しました。すると余命3ヶ月の末期癌からたった3ヶ月で寛解しました(脳からつま先まで転移していた。)そしてその治療法がフェンベンダゾールとビタミンEなどを組み合わせたジョーズプロトコルとして有名になりました。ジョー・ティッペンスさんの癌は現在も再発しておらず今はボランティアでこのプロトコルを実践する癌患者のコミュニティを運営しています。この治療法はジョー・ティッペンスさんとは関係なく日本も含め元々研究されてきたものだった。同じ系統の人用の駆虫薬メベンダゾールは現在もジョンホプキンス大学で臨床試験が行われています。ジョーさんはMDアンダーソンがんセンターでキィトルーダの治験を受けていましたが1100人に及ぶ治験者の中で癌が寛解したのは彼ともう1人だけでした。もう1人はジョーさんの噂を聞いてフェンベンダゾールを飲んだ別の患者さんでした。つまり、キィ…

フェンベンダゾール(パナクールC)を使った癌治療の容量、用法

フェンベンダゾール(パナクールC)での癌治療について 公式のジョーズプロトコル及び、現在ジョーさんのプロトコルでスタンダードな方法
を案内しています。自己責任でご利用ください。2019年6月27日更新  ジョーズプロトコルについて ジョー・ティッペンスのプロトコルは、通常10~20週間かかります通常10週あたりで早い人は効果が出てきます この治療法で最も大事な3つの約束ポジティブさ。どんな困難な状況でも絶対に諦めないこの治療法に対する信頼ユーモア ジョーズプロトコル レジュメン 1)基本の容量、用法
こちらのページ紹介している製品を推奨します
フェンベンダゾール(パナクールC、セーフガード)フェンベンダゾールを約220mgを1日1回服用
(パナクールC1g相当)これを3日間連続で続けるその後4日休み上記をずっと繰り返す。(3日オン4日オフと呼ぶ)治療開始から最初の2−3週間、毎日服用する方が効果が高いと言われています。
(その後体調に合わせ3日オン4日オフに戻す)体調に合わせて220mg以上での高容量の服用も可能です。
2倍、3倍のフェンベンダゾール量でポジティブな結果が出ている実績があります。同じメルク社のSafe-guardという製品があります。価格も安く、全く同じ成分でかつ比較的手に入りやすいです。油分と一緒に服用してください。良質な油に溶かしたり食事と一緒に摂ります。それよって血中濃度が大きく変わります。 ビタミンE(8種混合)混合ビタミンE:400mgから800mgを毎日服用ビタミンEはトータル8種類あるので全てを含むものを利用してください 日本で売っている一般的なビタミンEでは成分が少し足りません※トコフェロール4種とトコトリエノール4種の混合したものです英語表示 : Tocotrienol(α, β, γ, δ)and Tocopherol (α, β, γ, δ)抗がん剤など治療中は医師の指導がある場合は外しても構いません セラクルクミンまたはバイオクルクミンBio-availableなクルクミン600mgを毎日服用なるべくBio-available(吸収率を高めた加工をしてある)なものを選んでください化学療法などで治療中に医師の指導がある場合は外しても構いません。 Broad Spectrum CBDBroad Spectrum CBD オイル毎日舌…

信頼できるリンク集。リソース。一次リソース。

メベンダゾール
様々な治療をしたが病気の進行を止められず
メベンダゾール を1日200mg(100gX2)飲むも大幅に肺の腫瘍はなくなり、
肝臓の腫瘍は大幅な縮小をした。
肝臓の数値が悪くなったので、休薬後、薬を半分にして再開。
病状がひどく悪化し中止。

https://jeffreydachmd.com/wp-content/uploads/2015/01/mebendazole-metastatic-colon-cancer-Nygren-Acta-Oncologica-2014.pdf

フェンベンダゾール癌の改善例2

ジャンプスタート=スタート時に効果を高めるため一定の日数毎日連続してフェンベンを飲むこと 3オン4オフ=1週間のうち3日連続服用、4日休薬。 4オン3オフ=4日連続服用、3日休薬。 7オン=1週間毎日 オールクリア、NED=(ノー ・エビデンス・ディシーズ、癌の証拠なし、癌消えたこと) ダブルで服用=フェンベンダゾール2倍で服用 ====================================


詳細はあまりないですが治るまでの期間、癌の種類など参考になると思います。
1)ユーイング肉腫。脳と背骨に無数の腫瘍。血栓のため 化学療法を中止後、フェンベンダゾールを始める 9日連続のジャンプスタート後、3オン4オンを14週間 最近のスキャンでNED
2)肝臓への腫瘍を伴う食道がん。ダブルで21日間のジャンプスタート後 222mgに落として63日間の連続服用後オールクリアのNED
3)2人の別の患者。全身に転移の広がったメラノーマ。 1つのケースでは8ヶ月。もう1つは7ヶ月のプロトコル後 オールクリアのNED。2つのケースで前回のPETでは頭からつま先まで 無数の病変があった。
4)トリプルネガティブ乳がん。肺、リンパ節、脳への転移。10週間後 脳のMRIで100%クリア。他の腫瘍も著しく縮む。

5)上皮内腺癌。14週間後、NED

6)前立腺癌2件。1つは骨に転移。4ヶ月のプロトコル後にNED(近所の知り合い) もう1件は胃と肝臓に転移。3ヶ月後、NED。

7)小細胞肺癌(これも私の実家の近所)広く転移が広がる。NED。

8)副腎皮質癌。肝臓に転移。ホスピスに送られプロトコルを始める。14週間後NED。
9)7件のステージ4の膵癌。いずれも余命僅かの状態。
9ーA 私に報告された5件で腫瘍が縮み、腫瘍が除去されないまでも 宣告された余命を超えてからもふつうの生活を送っている
9ーB 2つのケースで想像を超えた寛解、NED。1件は7ヶ月後、もう1件は4ヶ月後にNED。
10) 3件のステージ4大腸がん。2件は4ヶ月後NED。1件は3ヶ月後に90%の縮小

ジョーズプロトコルの容量について公式の投稿を翻訳

1.まず第一にフェンベンダゾールが肝臓の問題を引き起こすと結論づけた最初の調査が偽物です。
なぜならネズミと鳥に投与した薬の量は100倍の量でした。ネットの噂の製造工場の中でいかに小さな情報がパニックや心配を吹き込むのか滑稽で仕方ありません。 2.フェンベンについてはその後研究があります。
また、ジョンホプキンス大学でも現在、姉妹薬のメベンダゾールの臨床試験が進行中です。 2つのケースで私の推奨量より「はるかに多くの量」で長期の服用の安全性が示されています。
他の試みの結果を見てみたいと思いますがその一つのトライアルでは1日500mgを3回、1日1500mgを投与されています。 私のような素人考えでは安全性の余地があると信じていなければそのような量での試みはしなかったと思います。 私の意見ですがそれらと比較すると1日222mgの安全性は明らかです。JHUの科学者は300mgは長期でも安全であると信じていると読んだことがあります。 ヤギ、ウズラ、ネズミでの研究
※長く専門的すぎて退屈なので略。 ※要約すると「動物実験では肝毒性はなかった」 これらの容量は68kgの人でいうと1700mg/1日に相当します。(体重54キロの女性では1300mgに相当)私のプロトコルの222mgと比較してください。 3.肝臓の悪性腫瘍は完全にフェンベンダゾールの影響とは違う問題なので二つを混同してはいけません。多くの人が酵素への影響なしで肝臓の腫瘍で治療に成功しています。 4.もちろん既存の肝臓の病気がある人はよって注意深く、通常より多くの血液検査をするべきでしょう。 <最も重要> 5.現在、何百もの人が長期間この薬を服用しています。私たちはそこから多くを学び伝えることができます。 A.多くの人が自分で量を決め私のオリジナルの量より高容量で服用し(1日の容量だけでなく、長く連続服用する日数も含めて)
私は人々がとても勇気を持って大胆に自分の体で実験することについて好意を持ってます。
しかしそれはまた標準療法で希望がないと分かり彼らの体でのリスクの許容範囲は信仰を超えるレベルにまで及んだことを見せています。 そしてこれらの人々の高容量での自己処方は特別な副作用なしで驚くべき結果を見せています。 B.多くの人が現在、最初の2から4週間週7日で服用しています。何人かは週7回を長期間続けていま…

フェンベンダゾール、メベンダゾール の容量などの情報

フェンベンダゾール、メベンダゾール の容量用法について参考情報をここに
メモします。※体重60kgでの服用量を参考に青字で表示します。
それぞれ過去になんどか投稿していますが並べるとフェンベンの適正な量やその安全性が判断しやすいかもしれません


※ジョーさんも容量に関するアナウンスをしています
↑こちらもあわせてお読みください



また、アメリカの大学世界的な機関による研究に絞っているので信頼できると思います。


以下、メベンダゾールでのデータです。
A.重篤な寄生虫感染エキノコックスに対して公表された用量(世界保健機関のガイドライン)体重60kg2400mgまたは3000mgを少なくとも2年

世界保健機関のガイドラインMBZを用いた嚢胞性エキノコックス症の長期治療は、少なくとも3~6ヶ月間40~50mg/kg/日の用量である。肺胞エキノコックス症の場合、投与量は40~50mg/kg/日であり、少なくとも二年間の治療が必要であり、手術不能の患者ではそれより長くなることもある。実際に、10年以上の治療期間の症例が報告されている

B.膠芽腫などの高悪性度グリオーマを有する成人を対象とした第I相臨床試験Aと同じ高容量:安全性が実証された

メベンダゾール療法は、膠芽腫などの高悪性度グリオーマを有する成人を対象とした第I相臨床試験で安全性が実証された。この試験は、メベンダゾールで治療された24人の患者の試験を完了し、重篤な寄生虫感染に対して公表された用量と一致する高用量(A)であった。

C.小児神経膠腫治療のためのメベンダゾールの第I相試験Bの実験の安全性をうけて小児脳腫瘍患者に48、70週間で試験

体重60kg:体重60kg3000mg/ 6000mg/ 12,000mg

小児脳腫瘍に対する標準的な化学療法薬と併用した場合のメベンダゾールの安全性と有効性を検討する試験。メベンダゾールは、治療期間中(低悪性度グリオーマ患者では70週間、高悪性度グリオーマ/橋グリオーマ患者では48週間)1日2回経口投与される。メベンダゾールは、各患者の特定の用量コホートに従って処方される(50mg/kg/日、100mg/kg/日、または200mg/kg/日)

D.ミシガン大学の症例報告 100mg1日2回を19ヶ月

放射線治療を含む全身療法(ミトタン、フルオロウラシル、ストレプトゾトシン、ベバシズマブ)で…

ジョーティッペンスさんのブログの訳(ざっくり)

ジョーティッペンスさんのブログはこちらです。できれば原文で

※※この翻訳はジョー・ティッペンスさんご本人のの許可を得て掲載しております。


自分で自分なりの調整、研究をするのは自由ですが
あなたが聞いた話には間違いがあるかもしれません。
あなたの疑問の全てはこのページにありますので先ずは必ず何度か読んでください。

これはkozybだけでなくジョーさんも同じことを言われてます。
ありがちな質問に対する回答になりそうな部分は太字にしてあります。


すこしずつ簡単に訳してます。
完璧ではないですがいいかんじにはなっていると思います。
比喩や修飾で日本語が読みにくくなりそうなところは
カットしています

=======================
態度が全て

態度が全てはいつも私の信条/目標だった。

やっかいな出来事や課題に直面すればするほど
私の(家族や友人由来の)ナチュラルな防衛本能
は「スタートボタンとしてポジティブシンキング」を「逆境を乗り越える力としてユーモア」を使うようだ。

スイスのチューリッヒに大きなプライベートエクイティ会社のパートナーとして赴任する2日前に、私が小細胞肺癌であることを知った。
名前はあげませんが私は最初の生検を地元の医療グループで受けた。そのグループは私の検査結果を私に告げるのを丸々1週間遅らせた。そうすれば私は彼らの癌専門医達に会うことができる。私が彼らの専門医に会った時その患者への接し方、見通し、振る舞いは考えうるなかで最悪のものだった。それは基本的に「あなたの癌は直すことができない」という話だった。

私は14時に下を向かず、顔をあげて医者のオフィスを出て
すぐに生検のレポートをMDアンダーソンがんセンターにファックスした。MDアンダーソンから16時に電話があり翌日の朝7時30分に来れるか聞かれた。もちろん私はYESと答えた。
家に帰り、荷物をパックして空港に向かった

カスタマーサービスがポジティブな考えを導く

MDアンダーソンの人たちホテルで午後10時30分に私に会い、
そのままそこで最初の血液検査を行いチェックインした。
私が次の朝病院に入った時にはもうすでに血液検査の結果を持っていた.
私の地元の病院とは対照的でした。

MDアンダーソンの腫瘍医は
「ジョー私たちは結果を手にましたが...
...あなたはポジティブに考える必要がある…